育毛剤の情報のすべてが正しい情報ではありません! 正しい育毛と育毛剤の知識を当サイトでご紹介します!

<スポンサードリンク>


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
市販されている育毛剤を使用することで期待出来る効果は、
大きく分類すると5つあります。

:頭皮の血流を促進させて、毛乳頭へ栄養を正しく
送ることで発毛効果を促す。

2:男性ホルモンの働きを抑制し、
毛母細胞を活性化させる。

3:ビタミン類などの栄養分を補給し、
毛母細胞に直接働きかけ活性化させる。

4:皮脂の分泌を抑制して頭皮を正常にする。

市販されている育毛剤は、メーカーや価格により
それぞれの特徴があります。


スポンサーサイト
■ミノキシジル

米国製薬会社、ファルマシア・アップジョン社が
開発した育毛剤です。
元来の薬効は、毛細血管を拡張させ血圧を下げる血圧降下剤です。
毛髪付近の血管も例外なく拡張され頭皮全体の血行を
よくする効果が確認されています。
さらに、男性ホルモンの変換酵素阻害作用や毛母細胞を
活性させる効果があることが発見されています。

■フィナステリド

経口育毛剤として注目を浴びる成分フィナステリド
(商品名:プロペシア)とは、ホルモンの働きを抑制し、
抜け毛を防止する薬剤です。
男性型脱毛症(AGA)に男性ホルモンが強く関与している
ことから、ホルモン活性を阻害するという考え方です。
フィンステリド(商品名:プロペシア)は5αリダクターゼ(酵素)
抑制薬です。
本来は前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発さてた
医薬品ですが、副作用として異常発毛をみたことから
発毛剤として用途が広がりました。

■塩化カルプロニウム

1968年に局所血管拡張作用を持つ医療用医薬品として
開発されました。
現在でも医療用脱毛症治療薬「フロジン液」として
処方されています。

■6-ベンジルアミノプリン
CTP(サイトプリン)ともよばれ、毛根細胞内の髪の成長に
必要な「タンパク質(エフリン、BMP)」の生成を促し、
発毛促進シグナルを増幅させることで、強いコシのある
髪に育てます。

■センブリエキス

皮膚毛細血管の増強などの作用があり、皮膚細胞の代謝改善や
発毛促進効果が認められています。

■ニコチン酸ベンジル

毛根刺激剤、頭皮刺激剤として使用され、血行を盛んにして
発毛を促進する。

■アデノシン

生体内で毛乳頭に作用し、髪の成長に不可欠な
発毛促進因子(FGF-7)をつくり出す効果が
あるとさあれています。



髪の毛は、頭部を外部の刺激や衝撃などから
守ると同時に身体の中に蓄積された重金属類などの
有害物質を体外に排泄してくれる非常に重要な
役割りを果たしています。

その他の髪の毛の役割は
1:頭部を高温や低温から保護する
2:頭部に受けた衝撃から脳やを守る
3:UVBやUVCなど有害な紫外線や直射日光、
などから、脳や頭皮を守る
4:感覚器・触覚器としての作用などがあります
髪のの根元付近に知覚神経が放射状に付着しています。
その為弱い刺激にも反応するようになっています。
髪の毛とは、もともと皮膚が変化してできたものです。

皮膚は、主に外界に接している表皮と、
表皮のすぐ下にある真皮の二つにで構成されています。

髪の毛は、この表皮の角層が特別に変化して
できたもので ケラチンと呼ばれるタンパク質
によって形成されてるのです。

水道橋博士育毛に成功したシャンプーとして
有名になったプロピアプログノ126はシャンプーに
タンパク質(プロテイン)を配合することで、
髪を太く強くしてくれる
シャンプーです。

現在は楽天でも購入可能になりましたので、
買いやすくなりました。



ヘアコンタクトのプロピアが髪を大切に思う方々のためにつくったシャンプー「プログノ126シャン...


抜け毛薄毛でお悩みの方は、
このページで生活習慣の見直しを
してみることもよいと思います。

人間の身体に必要な栄養は血液によって
すみずみまで運ばれます。

髪の毛も同じです。

髪の毛に必要な栄養をしっかりと摂ることで、
発毛に必要な栄養を含んだ血液が毛根へと運ばれます。


バランスのよい食事や睡眠等の生活習慣は
髪の毛を発毛させる大切な要素です。

よく生活習慣と薄毛の関係の記事を見かけますが、
上記のような理由からも生活習慣を見直す事は、
大切な薄毛対策といけます。

プロペシアとは・・・・

薄毛の方で悩んでいる方でプロペシアのことを
知らない方のほうが少ないのではと思います。

その位、今では有名な飲む育毛剤です。

プロペシアは全世界60ヶ国以上で販売されている
実績のある飲む育毛剤です。

数年前までは日本では販売することを
許可されていませんでしたが、
2005年の10月1日から日本でも正式に
販売が許可されました。

今では男性型脱毛症の治療といえばロペシアと
いわれるくらい有名になっています。

最近では、爆笑問題が「薄毛の相談は病院へ』
と言うようなコピーーライティングで
AGAのコマーシャルをしています。

AGAとは男性型脱毛症のことを指します。

薄毛で病院を受診したとしても、
ほとんどの場合は飲む育毛剤プロペシアと
塗布型のミノキシジル配合の発毛剤の
併用での治療になります。

プロペシアについては賛否両論があり、
男性機能障害になるという副作用が出る
可能性もあると言われています。

元来プロペシアは男性ホルモンを抑制する
効能がありますので、その副作用として
男性機能障害(精力減退)という症状が出てくる
場合があるのです。

この副作用は個人差があり全くプロペシアの
副作用が出ない場合も多々ありますが、
医薬品である以上は副作用も覚悟する必要があります。

現在では副作用の心配がないAGA専用の
サプリメントも販売されており注目されています。

プロペシアのように医師の診断と処方箋も
必要ありません。

何よりAGA(男性型脱毛症)専用のサプリメントですので、
試す価値は十分にあります。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。