育毛剤について

ここでは、「育毛剤について」 に関する記事を紹介しています。

<スポンサードリンク>


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
市販されている育毛剤を使用することで期待出来る効果は、
大きく分類すると5つあります。

:頭皮の血流を促進させて、毛乳頭へ栄養を正しく
送ることで発毛効果を促す。

2:男性ホルモンの働きを抑制し、
毛母細胞を活性化させる。

3:ビタミン類などの栄養分を補給し、
毛母細胞に直接働きかけ活性化させる。

4:皮脂の分泌を抑制して頭皮を正常にする。

市販されている育毛剤は、メーカーや価格により
それぞれの特徴があります。


スポンサーサイト
■ミノキシジル

米国製薬会社、ファルマシア・アップジョン社が
開発した育毛剤です。
元来の薬効は、毛細血管を拡張させ血圧を下げる血圧降下剤です。
毛髪付近の血管も例外なく拡張され頭皮全体の血行を
よくする効果が確認されています。
さらに、男性ホルモンの変換酵素阻害作用や毛母細胞を
活性させる効果があることが発見されています。

■フィナステリド

経口育毛剤として注目を浴びる成分フィナステリド
(商品名:プロペシア)とは、ホルモンの働きを抑制し、
抜け毛を防止する薬剤です。
男性型脱毛症(AGA)に男性ホルモンが強く関与している
ことから、ホルモン活性を阻害するという考え方です。
フィンステリド(商品名:プロペシア)は5αリダクターゼ(酵素)
抑制薬です。
本来は前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発さてた
医薬品ですが、副作用として異常発毛をみたことから
発毛剤として用途が広がりました。

■塩化カルプロニウム

1968年に局所血管拡張作用を持つ医療用医薬品として
開発されました。
現在でも医療用脱毛症治療薬「フロジン液」として
処方されています。

■6-ベンジルアミノプリン
CTP(サイトプリン)ともよばれ、毛根細胞内の髪の成長に
必要な「タンパク質(エフリン、BMP)」の生成を促し、
発毛促進シグナルを増幅させることで、強いコシのある
髪に育てます。

■センブリエキス

皮膚毛細血管の増強などの作用があり、皮膚細胞の代謝改善や
発毛促進効果が認められています。

■ニコチン酸ベンジル

毛根刺激剤、頭皮刺激剤として使用され、血行を盛んにして
発毛を促進する。

■アデノシン

生体内で毛乳頭に作用し、髪の成長に不可欠な
発毛促進因子(FGF-7)をつくり出す効果が
あるとさあれています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。