トップページ

ここでは、「トップページ」 に関する記事を紹介しています。

<スポンサードリンク>


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたは自分にあった育毛に出会っていないだけかも知れません。

「さまざまな育毛剤育毛法を試してきたけれど、
結局どれも効果が無かった・・・」

育毛剤育毛シャンプーって
本当に効果があるのかな?」


このサイトをご覧頂いている方は1度はこのような疑問を
もったことがあるのではないでしょうか。


しかし現実の話として、薄毛を改善されて現在は髪の毛を
取り戻している人もいることも事実です。


あなたは自分にあった効果の出る育毛に出会っていなかっただけでは
ないでしょうか?

薄毛を改善している方がいることを事実として認め、
まだまだ違う育毛を試す価値は充分にあります!
スポンサーサイト
薄毛でお悩みの大半の方は、まずは育毛剤の使用を考えます。


育毛剤の効能は大きく分けると2つです。

・頭皮の血行を促進して毛根の栄養補給を活発にさせる育毛剤
・頭皮から育毛有効成分を補給し毛母細胞活性化させる育毛剤

両方の効能を兼ね備えた育毛剤がほとんどですが、
メーカーにより、血行促進に重点を置いた育毛剤
毛根に栄養を与えることに重点を置いた育毛剤とに分かれます。


各社とも長年の研究と開発費用をかけて作られた育毛剤ですので、
それぞれ優れた育毛成分が配合されている育毛剤といれるでしょう。


しかし、注意すべき点もあります。

中には育毛剤で頭皮を痛めてしまう場合もあります。

育毛剤にはさまざまな添加物が配合されており、
それにより頭皮がかぶれる方がいます。

育毛剤にはたいてい頭皮に爽快感を与えるアルコールや
メントール系が配合されています。

もちろんそれらの添加物は国の基準をクリアしたものですから、
健康に対する心配はまずないと思います。


しかしながら敏感肌の方は、これらの育毛剤の添加物に対して
アレルギー反応をおこす場合もあります。

育毛剤を使用してから頭皮が痒くなった方や、頭皮が
赤くなった方は要注意です。
育毛剤で毛根に育毛効果のある成分を
補給することは有効です。

しかし私達は本来身体に必要な栄養を
食事から摂取します。

もちろん髪を育てるのに必要な栄養も育毛剤から
ではなく本来食事から摂取するものです。

そして血液によって身体中に供給されます。

良質な血液が毛根に供給され始めて
健康な髪が発毛してきます。

漢方では昔から髪のことを血余といいます。

血余とは血液の余った部分が髪の毛に
なるという意味合いです。

それほど髪の毛と血液は密な関係が
あるということです。

また血液の循環を良くして、血液の濁りを無くせば
髪の毛だけではんかく、体の健康にも大変良い
影響が出てきます。

髪の毛のお手入れや生活習慣の改善も考えて下さい。

シャンプーを変えただけで薄毛が改善された
例もあります。

円形脱毛症は精神的ストレスが大きく
作用しますので、ストレスの原因を取り除けば
数ヶ月で改善する場合が多々あります。


薄毛でお悩みの方がまず育毛剤から入ることは
間違いではありませんが、育毛を成功させる為には
育毛剤だけに頼っていてはいけません。

薄毛を改善するためには4つの育毛の基本要素が大切です。

1:頭皮の改善
2:生活習慣の見直し
3:DHTの抑制(毛根を萎縮させるホルモン)
4:信頼できる育毛剤

女性薄毛の場合は、頭皮の改善と生活習慣の見直しだけで、
薄毛が改善する例もあります。


しかしながら大多数の薄毛でお悩みの方は、
DHT(毛根を萎縮させるホルモン)の抑制、良質な育毛剤の使用を
併用したトータルでの育毛が必須になってきます。
髪の毛をしっかり生やす土壌は頭皮です。

粗悪なシャンプーの使用や、間違ったシャンプーの方法で
頭皮を痛めてしまうことは充分に注意して下さい。


頭皮が健康でなければ育毛の成功は望めません。

現状では、最近のブームも伴い一般に市販されている
シャンプーは、髪の毛をしっとりまとまらせるタイプのものが
多く、頭皮にはよくないものが多いです。


薄毛でお悩みの方は一概にはいえませんが、頭皮がベタついている
脂性肌の方が多いです。

脂性肌の頭皮の方がしっとり系のシャンプーを毎日使用していては、
頭皮はいつまでたっても改善いたしませんし、脂漏性皮膚炎になる
リスクもありますので、脂性肌ようのシャンプーで頭皮をケアすることは
育毛を成功させる第一歩です。
薄毛を改善する上で、生活習慣の見直しは
切っても切り離せない要素になります。

髪の毛を発毛させる為に必要な栄養分は
血液によって運ばれます。

健康な身体であるからこそ良質な血液をつくることができます。
その健康な血液が毛根に充分な栄養を供給してくれるのです。

頭皮の改善と共に、生活習慣の見直しは
薄毛を改善させる為に必須なのです。
育毛剤の効果を出すためにも、絶対にはずせない
要素が「5α-リダクターゼ」です。

男性型脱毛症の一番の原因といわれていることです。

男性型脱毛症とは現在AGA(エージーエー)とも
よばれ、ホルモンが影響して薄毛が進行する薄毛症です。


勘違いされがちですが、男性ホルモンそのものが薄毛の原因を
引き起こしているわけではありません。

身体の中(特に前立腺や毛包)に存在する
5-αリダクターゼという還元酵素が男性ホルモンと
混ざり合い、DHT(ジヒドロテストステロン)という
通常の男性ホルモン(テストステロン)の10倍以上の
力で毛根を萎縮させるホルモンに変換されることで
発毛が阻害されてしまいます。

薄毛を改善する上で重要ななことは、5-αリダクターゼが
DHTに変換されないように抑制することなのです。

5α-リダクターゼを抑制するには医薬品服用薬の
プロペシア(フィナステリド錠)か育毛サプリメントのどちらかで、
身体の中から抑制することが最も効果的です。

プロペシアは医薬品ですので、服用には医師の診断と処方箋が
必要です。

5α-R(ファイブ・アルファ・アール)という育毛サプリメント
プロペシア同様に5α-リダクターゼを効果的に抑制してくれますし、
サプリメントですので、気軽に試せるというメリットがあります。

5R-リダクターゼを抑制!5α-R(ファイブ・アルファ・アール)


育毛を成功させる為には頭皮を髪の毛が発毛出来る環境に改善し、
生活習慣を見直し、DHT(毛根を萎縮させるホルモン)を抑制する。

この3つは育毛を成功させる為には必須です。

しかし、これまでの項目はどちらかといえば予防の
役割になります。


育毛を成功させる為には、悪い要素を排除して発毛に必要な要素を
加える必要があります。


頭皮の改善や生活習慣の見直し、そしてDHTの抑制は
薄毛になる原因の悪い要素を取り除く予防の要素が
高いものです。


次に信頼出来る育毛剤発毛に必要な要素を加えます。

このように悪い要素を取り除き、必要な要素を加えることが、
育毛を成功させる秘訣です。


ここで注意しなければいけないことは、すべての育毛剤が信頼できる
育毛剤ではないということです。


刺激の強すぎる育毛剤も多く、皮膚の敏感な方は、
育毛剤で頭皮を痛めてしまうことがあります。


現代社会は情報過多の時代ですので、育毛に対しても
さまざまな情報がネット上で公開されています。


中には明らかにそれは違うだろうと思えることさえも
平然と公開されている場合があります。


重要なことは私たちユーザーが、知識を身につけ情報の善し悪しを
見極めることです。

このサイトがみなさんのお役にたてれば幸いです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。